スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代償なのか?

今日はこの後からバイトが入っているので早いけれど更新しますよ

とりあえず、今日も体調悪いです
いつものことか?
頭がぼーっとするのと、鼻が詰まる。
それに加えてのどの痛みと聴力が変な感じなっているというコンボです
熱を測ってみると37.2℃くらい
悪くなる前兆何でしょうか?
とまあ、こんな感じにもかかわらず起きたのは7:00
よくこんな時間に起きれるもんです
そっから体温計って(この時点で37.1)、シャワー浴びて、朝飯食って、明後日提出の課題書いて、昼めし食ってていう感じでした
こんなに悪くなったのは疲れていたにもかかわらず欲に囚われて遊びに行ったりしていたことが原因でしょうか?
代償?
ま、こんな状態なんで父さんからは寝て来いと言われ二時間ほど昼寝していました
寝てからもあまり状態は変わらず
そしたら母方の祖母から電話が来て、なんだか調子がおかしいとのこと
救急車がうんたらかんたら言っていたのでよっぽどやばいみたいですね
というか、あの祖母がそんなこと言ってくるのは初めてじゃないでしょうか?
何もなければいいんですが・・・

とりあえず、今日はこんなもんでしょう
先にも書きましたが、今日はこの後バイトが入っているのでがんばってきます

続きを読む

スポンサーサイト

1-1

「以上を持ちまして解決したと判断しました」
「はいよ、お疲れさん」
先ほどの幻についての簡単な報告を一之瀬和哉に報告した。
電話の向こうの和哉のこえはとても眠そうだ。
夜中だという時間を考慮すればそれも当たり前だろう。
「報告はそんなけ?あとなんかなかった?」
「いえ、特にこれ以上は」
「そうか。じゃ、あがっていいよ」
「はい?」
言われた意味が分からず、聞き直した。
「もう終わっていいよ」
「ええと、まだパトロールしなければいけないところが残っているんですが・・・」
「それは芦屋っていうやつが引き継ぐ。お前、明日学校に加え仕事も入ってるんだろ?もう帰って休め」
ここまで言われると引くことは無礼になる。
「分かりました」
そう考え、和哉の命令を了承した。
「それでは、あとのことはお任せします」
現場で頑張っている救護や警察にねぎらいの言葉をかけてその場を後にした。




「うわ、ここ地面が真っ白っすね。さっきの少年の仕業ですか??」
若い警察官が隣でじっくり現場検証している老警察官に聞いた。
「間違いねえ、これはさっきの小僧のだ。名前は何だって?」
「二宮冬季です。中部幻殺士連盟に所属と照会が完了しています。」
「なるほど、二宮の坊ちゃんか」
「しってるんですか?」
「知ってるも何も、そいつはここんところにいる幻殺士の中でも五本指に入る怪物だ。代々二宮の名前を背負ってる幻殺士は炎を操る能力を持ってるんだ」
「物知りっすね」
「お前もしといた方がいいぞ。ほかにもやばい奴はいっぱいいる」
老警察官は懐から普通の手帳を出して、若い警察官に渡した。
「そこにメモってあるやつが中部を中心に活躍しているやつらの情報だ」
「…若い奴らが多いですね」
「そりゃあれだ。幻の討伐に失敗して食べられたり、殺されたりするからな。よく更新される」
「へえ・・」
その手帳にはきっちりと冬季も載っていた。

二宮冬季(16)男
炎を自在に操り、敵を焼き殺したりするのが特徴。中部地方のナンバー2
プロフィール

結城

Author:結城
結城 史進(ゆうき ししん)
大学生から社会人に変身した。
最近は仕事をする傍らで帰ってからSS書いたりするのが趣味。
合同誌に少しながら参加していったりしてます。

最近の参加/発表作品
C90 
清霜合同(主催:kogasana様)
砲雷撃戦!よーい!合同演習四戦目 
こんにゃく合同(主催:せのん様)
坂之上鎮守府の一日~榛名、頑張ります!~
C91
潜水艦合同(主催:茶在)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。