スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まり

 例年よりも今年の五月は寒いとからか、住宅地の帰りを行くサラリーマンも、どこかの帰りを急ぐ女の人も、学生もニートもみんなまだこの時期としては厚めの衣服を着ていた。
 もうとっぷりと日は暮れて、街灯は闇が無いようにと光を放つ。
 空を見上げれば星が・・・と言いたいところだが、あいにくと都会の中じゃほとんど見えない。
 そして、自分は悠長に周りや空を見るなんてそんな余裕はなかった。
 必死に走ったから汗は全身から吹き出し、それを吸ったシャツが邪魔なくらいべったりと張り付く。
 息は切れ切れとなり、肺は痛い。
 こんなことになるんだったらもう少し普段から運動しておくんだったと後悔する。
「あっ!」
 なににつまずいたのか、無様に転ぶ。
 だが、アドレナリンが出ているからか、別に熱く感じるだけで痛みはない。
 だけど、もう体は限界らしい。
 立ち上がろうにも立ち上がれない。
 背後から犬のような「ハッハッハッ」という複数の息遣いが聞こえてきた。
 一気に背中から嫌な汗が噴き出す。
 犬というか、獣は嫌いじゃない。むしろ大好きな方だが、あれは違う。
「よく逃げるやつだ」
 追いかけてきたそいつは、ゆっくりとした低い声でそう言ってきた。
 銀色の毛並みに強そうな牙。
 そして目は三つあり、尻尾の先は冷たさを感じさせるような青い炎がついていた。
 『幻』、この世界にはいない、他世界からの侵入者。
「最初は油ぎっといかもしれんと思っていたが、案外肉の引き締まりもあり食い応えがありそうだな・・」
 じゅるりと涎をすする音が聞こえる。
「ひっひっ!!!」
 後ろを見ないで必死に腕を伸ばし、何とか『幻』から逃げようとあがく。
 だが、ずぶっという感触が自分の右ふくらはぎに走った。
「ぎゃあああああああああああああ!!」
 痛い、痛い、痛い、熱い!!
 あまりの痛さに左足で右足に食いついてるそいつを反射的に蹴り飛ばした。
 キャンという悲鳴と、蹴り飛ばしたという確かな感触。
 逃げようと思ったが右足が鉛のように重く、動かせない。
 恐る恐る姿勢をうつ伏せから仰向けに変え、噛まれた足を見る。
 まだかまれただけだったらしく、しっかりと足は残っていた。
 ただし、どくどくと血液が流れている。
「結構効いたぞ・・お前の蹴り」
 化け犬は目を怒らせ、口からは自分の血なのか、はたまた蹴った時に切れたのか血がしたたり落ちていた。
 その姿をみて、逃げなきゃとかそういう考えは全部が真っ白に無くなった。
 未知の者に襲われている。
 いや、もう俺はこいつに食われてしまう。
 そう思ったのか、もう力が入らない。
 もっと家族サービスとかしてあげればよかった。
 飛び掛かってくる化け犬をただ見ながら後悔した。
 その時だった。
 赤く、とても熱そうな火炎弾が背後から飛び出したのは。
 それは化け犬に命中し、火だるまにした。
「すいません、大丈夫・・・ではありませんね」
 いきなり男子制服をきた少年が現れた。
 俺を見るなりそう言ってきた。
「お前は・・」
「静かにしていてください。すぐ終わらせますから」
 その視線は俺ではなく、化け犬に向けられる。
 灼熱の炎の中、あの化け犬は立ち上がろうとしていた。
「火に耐性があるみたいですが・・・」
 右手を化け犬に向ける。
「まあ、これなら耐えれないでしょう」
 言うと同時に何発もの火炎弾が少年から放たれ、化け犬は断末魔を上げた。
 残ったのは高温の為白くなった地面と黒焦げの死体。
「お、お前は・・・?」
「遅くなりましたが幻殺士です。あなたの救助に来ました」
 たんたんと話す少年。
 俺は感謝よりも先に、
「もっと早く助けに来いよ・・・」
 文句を先に言った。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

結城

Author:結城
結城 史進(ゆうき ししん)
大学生から社会人に変身した。
最近は仕事をする傍らで帰ってからSS書いたりするのが趣味。
合同誌に少しながら参加していったりしてます。

最近の参加/発表作品
C90 
清霜合同(主催:kogasana様)
砲雷撃戦!よーい!合同演習四戦目 
こんにゃく合同(主催:せのん様)
坂之上鎮守府の一日~榛名、頑張ります!~
C91
潜水艦合同(主催:茶在)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。