スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1-3

「おはようございます」
「・・・おう」
朝五時半、一之瀬家本家。
その広大な敷地内の中庭で早朝という時間にもかかわらず、和哉さんはしっかり起きていてトレーニングしていらっしゃいました。
昨日は徹夜で現場指揮をしていたはずですが、どうやら元気そうです。
「で、何の用だ?」
「朝の稽古をつけてもらおうと思いまして」
「それで今から行くという連絡をしたわけか」
疑問でいっぱいの顔から一変して納得したというような表情になりました。
家を出るときに予めそちらに行くとの旨をソーシャルワークシステムを使って連絡しておいたのが良かったですね。
「朝の稽古はいいとして、なんでまた急に?」
「実は今日の依頼にあたって父から忠告を受けまして」
「冬弥さんからか?」
「はい」
それから忠告内容を包み隠さず和哉さんに言いました。
しかし、和哉さんは話半分くらいな気持ちで聞いてて、その間に静かにストレッチをこなしていきます。
これくらいのことはいつものことなので怒る気もありません。
「…ということなんですが」
「ほう」
そこまで長々と話していたわけではないのですが、その間に和哉さんのストレッチは終わりました。
まあ、私が来る前から色々と運動していたみたいですから、おかしいところはないです。
「で、それを俺に伝えてどうするんだ?その仕事は二宮家がとったものだから俺がどうこういえる立場じゃないんだが」
「別に意見を求めようというわけではありません。ただ、協力が欲しくて」
「四季あたりを使ってくれていいぞ。俺は無理だ」
「宗春ですか・・」
四季宗春。
年は自分と同じだが、どこかまだ子供ぽい印象がある。
しかし、幻殺士の才能は非常に高く、一之瀬の分家の中でも有力な所の一族だ。
「わかりました。あとは稽古なんですが、誰かを守ることを想定した場面でやりたいんです」
「つまり、俺が悪役になれということか」
和哉さんがニヤッと笑う。
釣られて自分も笑った。
「良いだろう。壱番道場に先に行っていてくれ。必要な用意はあそこに全部あるはずだから」
「わかりました。和哉さんはどちらへ?」
「俺の準備をしてくる。そうかからないはずだ」
再度了解の言葉を言ってから、一度別れました。
和哉さんは母屋の方に向かい、私はまっすぐ道場・・という名の屋内訓練場に向かいました。
そこは体育館のようなものではなく、いえ、外観は完全に体育館のそれなんですが、内装は廃工場になっていました。
埃っぽさもどこか匂う油臭さも機械もすべて本物。
ここでは、少し自分のような能力を使うのは気をつけなければいけないと思います。
下手をやれば何かに引火して爆発というシャレにならない結果が目に見えていますから。
「またせた」
入り口が開いたと思ったら和哉さんが入ってきました。
服装は先ほどと全く変わりませんが、散弾銃に案山子を持ってきました。
「ほれ、これがお前の警護対象だ」
そう言って渡される案山子。
「場面はお前が対象をかくまいながら逃亡していたが、敵の手により廃工場に逃げ込んでやむなく交戦という状態。これでいいか?」
「ええ」
さすがだった。
まさに自分はそれを望んでいたのだ。
いつもこうして和哉さんは自分たちが望んでいることをしてくれる。
「奥で隠れていろ。スタートの合図は」
「なしでいいです」
「了解」
私は案山子を抱えて奥に向かっていった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

冬季さん応援してます
プロフィール

結城

Author:結城
結城 史進(ゆうき ししん)
大学生から社会人に変身した。
最近は仕事をする傍らで帰ってからSS書いたりするのが趣味。
合同誌に少しながら参加していったりしてます。

最近の参加/発表作品
C90 
清霜合同(主催:kogasana様)
砲雷撃戦!よーい!合同演習四戦目 
こんにゃく合同(主催:せのん様)
坂之上鎮守府の一日~榛名、頑張ります!~
C91
潜水艦合同(主催:茶在)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

来訪者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。